Monthly Archives: 12月 2015

家庭教師のアルバイトは意外とメリットが大きい

時給が高いことで有名です

家庭教師のバイトはいくつかのメリットがありますから、上手くやってみることです。その一つが、時給が良い、ということです。但し、これは準備の時間も含めますと極端な高給とは言い難いです。慣れてしまうと準備の時間も短縮できます。バイト、と言うよりはやや請負の仕事のような感じになりますが、それでもしっかりと雇われているので、トラブルがあった時などには所属している家庭教師派遣会社に対処を依頼することができます。

計画性がつくようになります

家庭教師のバイトは、究極的にその生徒の為の勉強の方法や内容を考えると言うサービスになります。つまりは、これは対人サービスとしては、個別に対処しないといけない、というかなり難度が高い仕事になります。こうした仕事ですから、計画性やコミュニケーション能力が否応なしに身に付きます。スキルが身につく、ということはバイトとしては、メリットであるといえます。それが自分の人生のプラスになります。それが目的で始める人もいます。

家庭教師のアルバイトはアピールできます

それなりの学歴であれば、生業としてやっている人もいますが、学生がバイトでやっていることが多いのが、家庭教師です。つまりは、最終的には大学を卒業して、就職をするわけです。その就職活動で意外と家庭教師のアルバイトはアピールできます。計画性をアピールするのもよいですし、人に勉強を教えることの難解さとそれを解決した成功体験などを交えると尚、評価が高くなります。それで決まるわけではないですが、アピールできる要素になるのは有難いです。

家庭教師のバイトは、他のバイトと比べて時給が高く設定されている場合が多いため、効率良く稼ぐことができます。


ゲームの開発を仕事にしたい!ゲームの専門学校は有効か?

ゲームの専門学校を検討してみる

据え置き機から携帯機、最近はスマートフォンまで沢山の人気ゲームが登場しています。それらを遊ぶと同時に、自分もゲームを作る仕事をしてみたいと考えてる人もいるのではないでしょうか。その上でどんなことを勉強すればゲーム開発の会社に就職できるのか、と考えたときにすぐ思いつくのがゲームの専門学校でしょう。実際ゲームの専門学校で学べば就職できるだけの知識が身につくのか、そもそも仕事として自分に向いているのか最初の検討が大切です。ゲームに関連した学科を持つ学校はかなり増えています。まずは資料請求やホームページで情報を集めてみましょう。

自分のやりたいこととできることが一致するか

ゲーム開発に興味のある方ならゲーム開発がひとつの技能で可能なものではないことは理解していると思います。プログラム、グラフィック、サウンドと様々な技術を持った人たちの分業で開発されています。それでは自分は何をしたいのか、そして専門学校の数年でそれができるようになるかが大切です。既に個人所有のパソコンなどで経験を積んでいればある程度は向き不向きが自分でわかっていると思います。そうではない場合、大まかですがプログラムとグラフィックには数学、サウンドは作曲、それ以外はプロデューサーやプランナーといった管理職もあります。

学校は学ぶだけではなく機材も使える場所

ゲームの専門学校からゲーム会社へ就職する際、必ずといっていいほど作品の提出を求められます。プログラマーなら実際に動くゲーム、グラフィッカーやサウンドなら3DCGや楽曲のデータ、ディレクターなどはゲームの企画書など、既に最低限の技術は持っているかを審査されます。そのため学校内でチームを作るなどして提出用作品を作り上げることもあります。その時、専門学校が有利なのは業務用の機材などを利用できることです。パソコン単体なら所持している人も多いでしょうが、実際のゲーム開発に使用される3DCG作成ソフトなど数十万円するものは学生が所有できるものではありません。そういった実際の現場に近い環境で機材を使って作品作りをできるのは専門学校ならではの強みだと思います。

ゲームの専門学校は将来ゲーム会社への就職を考えていたり、自身で立ち上げたいと考えている人にはピッタリの学校です。ゲーム会社が設立している場合もあるので調べてから入学すると良いはずです。


FXにおけるリスク管理法をまとめてみました

ポジションサイジングで損失を限定

FXではポジションサイジングをする事で、余計な損失を抑える事ができます。エントリーする前に、あらかじめ損切りするポイントを決めておきます。エントリーポイントから損切りポイントまでのpips数を計り、建玉するLOT数を計算するだけのシンプルな方法です。LOT数の計算方法は2つあり、証拠金から導き出す方法と、損失を出しても良い金額を一定にする方法です。ポジションサイジングをしっかりとしておけば、相場から退場させられるリスクはほぼ皆無になります。

万が一に備えて逆指値注文

逆指値注文は相場の世界では当たり前の話ですが、初心者は大半の人が注文を入れる行為を嫌がります。成り行きで損切りをできる環境と強いメンタルを持ち合わせていたとしても、逆指値注文は必ず入れる必要があります。万が一、パソコンが急に故障した時でも、停電が起きた時でも逆指値注文さえ入っていれば、それ以上の損失は防げます。初心者がすぐに相場から退場させられる理由は、ほぼ100%含み損を抱えたままの強制ロスカットが原因なので、必ず逆指値を利用して損切りをしなければいけません。

リスクリワードを意識する

損切りをする事は当たり前の話ですが、FXで一番難しいのが利食いです。これは人間の本能が原因になります。人間は損失には寛容になり、利益は早く確定したいと本能に刷り込まれています。FXでのリスク管理とは、損失を限定する作業だけでは不十分で、この人間の本能に逆らい利食いを遅らせる事が重要になります。リスクリワードを1:1以上にするのが本当のリスク管理になります。一回のトレードで利益を出すのではなく、損切りと利食いを繰り返していき、結果的に利益を残せるスタイルが健全なトレードと言えます。

FXの場合、証拠金の何倍もの金額の取引が可能となるため、少ない費用で効率良く取引を行いたい場合には大変魅力的です。


通信制大学の仕組みはどうなっているのか?

放送や通信を活用して授業を受ける

通信制大学は、家にいながら学習をして、大学卒業資格を取ることができます。そして、多くの大学が通信課程を用意していますし、すべての教育を通信で行う大学も存在しています。どういう仕組みになっているのかというと、テレビやラジオの放送、インターネットによるストリーミング配信などを活用して、授業を提供しています。学生は、授業を受けるだけでなく、テストを受けてそれに合格しなければ単位を取得することができない仕組みです。

働いていている方でも学びやすい

通信制大学は、大学の夜間部と同様に、働いている人でも学びやすいという点で優れているでしょう。経済的な理由により、仕事をせざるを得ないという方もいると思いますが、そういった人の中でも「大学卒業資格が欲しい」と考えている人はいます。通信制大学ならば好きな時間、余裕がある時間に学習できるため、仕事と勉学を両立しやすくなっています。ただし、両立することは難しく、通信制大学を途中でやめてしまう人も多いようです。

きちんと卒業するために

通信制大学を卒業する人が少ないのは、勉強をするモチベーションを保つのが難しいからではないでしょうか。他人に強制されるわけではないし、定まった時間に授業を受ける必要がないので、自分で律することができなければサボってしまうでしょう。そのため、きちんと卒業するためには、なんのために勉強しているのかという目的意識をはっきりとさせる必要があります。これさえしっかりと持っていれば、学習意欲を高めることができ、途中で投げ出すことはなくなるでしょう。

通信制大学課程は、多くの私立大学で実施されています。近年のIT環境の発展で、コース履修のためにインターネット環境をフル活用したものも、多くなりました。自宅に居ながらキャンパスに居る感じを味わえます。


重要!火災保険は補償範囲と構造級別で保険料が変化する

補償範囲を絞って保険料を抑える

火災保険と聞くと火事の被害に遭った際に補償してもらえる保険のイメージがありますが、実は火事以外でも様々な災害や事故を補償の対象とすることが出来ます。建物が被るあらゆる被害に対して補償してもらえますが、全ての補償範囲を含めて契約をしてしまいますと、その分保険料が上がりますので、起こる可能性が低い災害や事故を補償範囲から除外することも必要となります。絶対に起こりえない事故と言うものは存在しませんので、外した方が良い補償と言うものはありません。ただし、状況からして起こる可能性が限りなく低いと判断して、補償の対象から除外して保険料を安く抑えることは得策です。

補償範囲は多岐に亘る

近年は日本でも自然災害による被害が多発しております。自然災害による被害は自分自身ではどうすることも出来ませんので、必ず火災保険に加入しておくことが必要となります。火災や落雷、水災、風災などは火災保険の補償範囲としては一般的に知られていますが、その他にも暴力行為や盗難などの被害に対しても補償してもらえます。ただし、気を付けておきたいこととしては、地震による火災や地震によって津波が発生した場合の水災などは補償の対象とはなりませんので、別途地震保険に加入する必要があります。

構造級別は3つに分類される

火災保険料は建物の構造によって異なってきます。基本的に木造造りは被害が広がり易いですので保険料は高めに設定され、鉄骨造りやコンクリート造りは木造よりも保険料が抑え目に設定されています。また建物が耐火建築物・準耐火建築物・省令準耐火建築物に該当するか否かによって、保険料が異なって来ます。該当するか否かは、建築確認申請書か施工業者に確認することによって知ることが出来ます。構造級別はM構造・T構想・H構造の3種類に分類することが可能で、M構造が最も保険料が安いですが共同住宅のみに該当します。

火災保険の場合、火災発生時に補償を受けることができるため、万が一への備えを行う上で大変重要となります。


為替取引における信用取引のメリットを紹介します

海外の口座では10,000円もあれば十分です

為替取引は信用取引枠が広く、個人でも参加できるのが最大の魅力です。特に海外の口座では、800倍の信用取引枠を提供してくれる会社も多数存在します。海外の口座は日本の金融庁の管轄外なので不安もありますが、基本的に日本以上に厳しい規律で運営しているので、評判の悪い会社でない限り安全です。海外の口座では信用取引枠を最大限に活用すれば、ILOT1,000円程度で保有できます。10,000円もあれば十分に投資目的の取引も可能です。

信用取引を使って外貨貯金

銀行を利用して外貨貯金するには、まとまった資金と手数料が必要になります。しかし、為替取引では証拠金に見合ったポジションであれば、まとまった資金も手数料も必要なく外貨貯金ができます。厳密に言うと外貨貯金ではなく、海外の通貨を買うという事になります。当然、買った時より価格が下がる事もありますが、日本がインフレやデフレに見舞われても何の影響も受けません。また、通貨間の金利差もスワップ金利として収入になるので、銀行預金よりメリットはあります。

投資目的ではなく投機目的で取引も可能

証券会社が信用取引を提供する真の目的は、個人投資家の市場参入です。個人投資家が参入する事で流動性が高まりマーケットが活発になります。しかし、投資という長い目で資金を運用するのではなく、ギャンブルの様に少額で稼げるチャンスの場でもあります。もちろん損失を出すリスクを受けいれた余剰資金で取引をする必要がありますが、10万円程の資金を一晩で2倍以上にする事も可能です。この様な短期売買もマーケットの流動性を高める一因になります。

信用取引を使って売買をすると、資金よりも多くの金額の株の売買が出来るので利益を上げたい場合には最適です。