為替取引における信用取引のメリットを紹介します

為替取引における信用取引のメリットを紹介します

海外の口座では10,000円もあれば十分です

為替取引は信用取引枠が広く、個人でも参加できるのが最大の魅力です。特に海外の口座では、800倍の信用取引枠を提供してくれる会社も多数存在します。海外の口座は日本の金融庁の管轄外なので不安もありますが、基本的に日本以上に厳しい規律で運営しているので、評判の悪い会社でない限り安全です。海外の口座では信用取引枠を最大限に活用すれば、ILOT1,000円程度で保有できます。10,000円もあれば十分に投資目的の取引も可能です。

信用取引を使って外貨貯金

銀行を利用して外貨貯金するには、まとまった資金と手数料が必要になります。しかし、為替取引では証拠金に見合ったポジションであれば、まとまった資金も手数料も必要なく外貨貯金ができます。厳密に言うと外貨貯金ではなく、海外の通貨を買うという事になります。当然、買った時より価格が下がる事もありますが、日本がインフレやデフレに見舞われても何の影響も受けません。また、通貨間の金利差もスワップ金利として収入になるので、銀行預金よりメリットはあります。

投資目的ではなく投機目的で取引も可能

証券会社が信用取引を提供する真の目的は、個人投資家の市場参入です。個人投資家が参入する事で流動性が高まりマーケットが活発になります。しかし、投資という長い目で資金を運用するのではなく、ギャンブルの様に少額で稼げるチャンスの場でもあります。もちろん損失を出すリスクを受けいれた余剰資金で取引をする必要がありますが、10万円程の資金を一晩で2倍以上にする事も可能です。この様な短期売買もマーケットの流動性を高める一因になります。

信用取引を使って売買をすると、資金よりも多くの金額の株の売買が出来るので利益を上げたい場合には最適です。