重要!火災保険は補償範囲と構造級別で保険料が変化する

重要!火災保険は補償範囲と構造級別で保険料が変化する

補償範囲を絞って保険料を抑える

火災保険と聞くと火事の被害に遭った際に補償してもらえる保険のイメージがありますが、実は火事以外でも様々な災害や事故を補償の対象とすることが出来ます。建物が被るあらゆる被害に対して補償してもらえますが、全ての補償範囲を含めて契約をしてしまいますと、その分保険料が上がりますので、起こる可能性が低い災害や事故を補償範囲から除外することも必要となります。絶対に起こりえない事故と言うものは存在しませんので、外した方が良い補償と言うものはありません。ただし、状況からして起こる可能性が限りなく低いと判断して、補償の対象から除外して保険料を安く抑えることは得策です。

補償範囲は多岐に亘る

近年は日本でも自然災害による被害が多発しております。自然災害による被害は自分自身ではどうすることも出来ませんので、必ず火災保険に加入しておくことが必要となります。火災や落雷、水災、風災などは火災保険の補償範囲としては一般的に知られていますが、その他にも暴力行為や盗難などの被害に対しても補償してもらえます。ただし、気を付けておきたいこととしては、地震による火災や地震によって津波が発生した場合の水災などは補償の対象とはなりませんので、別途地震保険に加入する必要があります。

構造級別は3つに分類される

火災保険料は建物の構造によって異なってきます。基本的に木造造りは被害が広がり易いですので保険料は高めに設定され、鉄骨造りやコンクリート造りは木造よりも保険料が抑え目に設定されています。また建物が耐火建築物・準耐火建築物・省令準耐火建築物に該当するか否かによって、保険料が異なって来ます。該当するか否かは、建築確認申請書か施工業者に確認することによって知ることが出来ます。構造級別はM構造・T構想・H構造の3種類に分類することが可能で、M構造が最も保険料が安いですが共同住宅のみに該当します。

火災保険の場合、火災発生時に補償を受けることができるため、万が一への備えを行う上で大変重要となります。