FXにおけるリスク管理法をまとめてみました

FXにおけるリスク管理法をまとめてみました

ポジションサイジングで損失を限定

FXではポジションサイジングをする事で、余計な損失を抑える事ができます。エントリーする前に、あらかじめ損切りするポイントを決めておきます。エントリーポイントから損切りポイントまでのpips数を計り、建玉するLOT数を計算するだけのシンプルな方法です。LOT数の計算方法は2つあり、証拠金から導き出す方法と、損失を出しても良い金額を一定にする方法です。ポジションサイジングをしっかりとしておけば、相場から退場させられるリスクはほぼ皆無になります。

万が一に備えて逆指値注文

逆指値注文は相場の世界では当たり前の話ですが、初心者は大半の人が注文を入れる行為を嫌がります。成り行きで損切りをできる環境と強いメンタルを持ち合わせていたとしても、逆指値注文は必ず入れる必要があります。万が一、パソコンが急に故障した時でも、停電が起きた時でも逆指値注文さえ入っていれば、それ以上の損失は防げます。初心者がすぐに相場から退場させられる理由は、ほぼ100%含み損を抱えたままの強制ロスカットが原因なので、必ず逆指値を利用して損切りをしなければいけません。

リスクリワードを意識する

損切りをする事は当たり前の話ですが、FXで一番難しいのが利食いです。これは人間の本能が原因になります。人間は損失には寛容になり、利益は早く確定したいと本能に刷り込まれています。FXでのリスク管理とは、損失を限定する作業だけでは不十分で、この人間の本能に逆らい利食いを遅らせる事が重要になります。リスクリワードを1:1以上にするのが本当のリスク管理になります。一回のトレードで利益を出すのではなく、損切りと利食いを繰り返していき、結果的に利益を残せるスタイルが健全なトレードと言えます。

FXの場合、証拠金の何倍もの金額の取引が可能となるため、少ない費用で効率良く取引を行いたい場合には大変魅力的です。