Monthly Archives: 1月 2016

時間軸を変えて見る!FXチャートの見方3選

大きい時間軸のチャートから見る!

FXチャートは大きい時間軸のチャートから見ていくことが重要ですね。小さい時間軸のチャートだと相場のブレが多くてダマシがその分、多いんです。その点、大きい時間軸のチャートは変にブレたりせずに大きいトレンドがずっと続きますよ。例えば、デイトレードをするなら大きい時間軸は1時間足で、小さい時間軸は15分足になりますね。これらを見る時には、まず大きい時間軸の1時間足を見ます。それから小さい時間軸の15分足を見るようにしますよ。

大きい時間軸で相場の方向を見る!

FXでは大きい方の時間軸チャートを先に見るのですが、大事なのがそれで現在の相場の方向を確認することですね。相場のトレンドは一旦、決まるとそう簡単には転換しませんよ。なにかよっぽど大きな出来事がないと相場の方向は変わりませんね。例えばアメリカの金利を決定するFOMCが金利がこれから上がりますよと発表したとかいうことがあれば別ですよ。そのためまずは大きい時間軸のチャートで相場の方向を見定めることが大事なんですね。

小さい時間軸でエントリーのタイミングを計る!

大きい時間軸のチャートで相場の方向を確認したら、次は小さい時間軸のチャートでエントリーするタイミングを計りますよ。例えば、大きい時間軸チャートで現在が上昇トレンドの途中だと判断したとしますよね。そうするとあとは小さい時間軸のチャートを使って買う場所を探すだけなんです。相場の方向が上なので売りではなく買いでエントリーすることが勝率を上げるコツになりますね。このようにしてトレードしていれば、FXで勝つ確率が高まるでしょう。

為替を商取引などで扱う場合、利益を得るためには市場の相場や手数料を考慮することが大切です。特に海外での取引の際は手数料が割高になるので慎重に判断する必要があります。


心理学を学びたい方へ!3つの心理学を学ぶ方法を紹介します

大学の心理学部に通って学ぶ方法

心理学を学びたい場合、最もオーソドックスな方法は、大学の心理学部で学ぶことです。心理学部を設置している大学には、心理学の知識を持った教授がたくさんにいるので、心理学部の教授の授業や研究室で学ぶのが、心理学を学ぶのにもっとも良い環境です。研究室には実験設備も整っているので、動物実験などの本格的な実験も経験することができます。また、心理学部で行動心理学や臨床心理学などを専攻することにより、より専門的な知識をつけることができます。

通信制大学や通信教育で学ぶ方法

諸々の事情で大学に通えない人は、通信制の大学や、通信教育で学ぶ方法があります。通信教育の良い所は、インターネットなどを通じて自分の好きな時間に学習できる点です。仕事をしながら学びたい人や、昼間はすることがあって大学に通う時間が取れない人などに向いている学習方法です。心理学の資格を取れる講座もあり、心理学関係の仕事につきたい人にもお勧めの学習方法です。大学と違って自分で学習計画を立てなければいけないので、自分を管理する力と強い意志が必要です。

独学で心理学を学ぶ方法

大学や通信講座での本格的な心理学までは学びたくないけれど、少しだけ心理学に興味があるという方には独学で学ぶという方法があります。独学で学ぶことのメリットは、大学や通信講座のようにお金があまりかからないことです。独学に必要なのはテキスト代だけなので、安価で心理学を学ぶことができます。独学で心理学を学ぶことのデメリットは、大学の心理学部や通信講座と違ってカリキュラムが設定されていないので、よく情報を集めてテキストを選ばないと間違った知識がつく可能性があることです。自分の状況に合わせて学ぶ方法を決めるようにしましょう。

心理学の大学では一般教養を身につけることも出来ます。それに加えて心理学について深く学ぶことが可能です。