Monthly Archives: 3月 2016

利便性がとても高い!クレジットカードでの決済

クレジットカードが利用できるサービス

クレジットカードは現代においてはいろいろなお店、サービスの利用が可能な決済方法としてとても有効的です。審査を受ける必要はあるものの、審査の甘いところは増えていますし、仮に審査に落ちたとしても特にデメリットはありません。またネットショップでもクレジットカードの利用はしやすく、商品によってはクレジットカード決済のみ可能といった場合もあるほどです。ポイントが付いてくるサービスも増えているので総じてメリットの方が高いといえますね。

ネットオークションやネットショップ開設時にも

ネットオークションの利用時にもクレジットカードを持っているとお得な場合があります。特に出品者として活動する際には配送方法によってはクレジットカードが必須です。送料を重視して配送先を決める時であったり、配送先を増やしたい時ほど重要となります。またネットショップ開設時にもクレジットカードが必要といったことは多いです。ただ単に決済方法の1つというだけでなく、信用の代わりにもなるので所有して損ということはないでしょう。

使いすぎと利用時の注意

クレジットカードの限度額はそれぞれ違いがあることも多く、審査基準との関連性も高い事があります。審査が甘い場合は限度額が低い傾向にありますし、逆に審査に通る際にそれなりの信用が必要な場合は限度額が高く設定されていることが多いです。一般的には後者のほうが良いとされていますが、無理せず利用することがクレジットカードにおいては最も重要です。使いやすい反面使いすぎに注意し行動しましょう。特にネットでの決済は現金と違って財布の中身が変わらないので気をつけたいところですね。

決済代行とは各決済における面倒な手続きを専門の会社に代行してもらうことにより、複雑な事務処理の緩和を図ることができるサービスのことです。


債務整理の中で借金を完全に帳消しにできるのが自己破産

債務整理にはいくつかの方法があります

借金がかさんで、今後利息の支払いもままならず、自分の社会生活自体が存続できない事態に陥った場合、債務を整理して、借金のない状態に戻って一から出直すしかありません。債務を整理する方法は4つあります。任意整理、特定調停、民事再生、自己破産です。このなかで、残りの借金をまったく返済することなく完全に帳消しにできるのが自己破産です。ひと昔前なら、自己破産というとすべてを取り上げられて何もない状態になってしまうというイメージですが、現在ではそういうことはなく、借金は消えた上に今までどおりの生活をすることができるようになっているのです。

支払い不能の状態と認められれば自己破産できる

自己破産とは、債務者自らが申し立てる破産のことです。自己破産は、裁判所に申し立てて、それが認められればできるわけですが、その申立をするには破産原因が存在しなければなりません。そして破産原因によって、申立人が支払い不能の状態にあると認められなければならないのです。つまり、継続して借金を返済していくことができない状態だということです。今月たまたま急な出費で返済ができなかったなどということでは、支払い不能の状態とは言えないのです。

具体的にどんな状態なら支払い不能となるのか

支払不能かどうかは、債務者の財産、給料、信用、年齢などさなざまな条件を総合的に判断して認定されます。そこに一定の基準があるわけではなく、個別的に判断して決められるのです。一般的には債務者の支払い能力を考えて、3年間で分割返済できないような債務が目安となっています。具体的には、手取り収入から家賃などの住居費、生活費など差し引いた3分の1で分割返済できない場合です。もしこれで返済できるようなら、支払不能とは認められず、任意整理や特定調停をすすめられます。

自己破産をすると所持している資産を手放す代わりに、全ての債務を無くせるので返済が難しくなった場合には検討してみる価値はあります。


カードローンの選び方!比較ポイントは3つ

一番大切なのはスピード?

カードローンを借りたい人の中には、急いでいる人も多いと思います。「いつまでにお金が必要」という明確な期限がある場合には、その期限に間に合うように借りることが最も重要になるでしょう。スピードでは大手の消費者金融が最もおすすめですが、最近では銀行カードローンでも即日で借りられるところも増えています。自動契約機がある金融機関なら、その場でカードが受け取れるので、即日融資を受けやすくなります。銀行振込みの場合は、平日の15時くらいまでには手続きを終えていないとその日のうちに口座に反映されることは難しいです。審査に落ちる可能性も考慮して、余裕を持って申し込みをするようにしましょう。

長期で借りるなら金利が重要

長期で借りる場合には、金利がとても重要になります。高い金利で10年程度借りていると、元本よりも利息のほうが高額になるということもあります。そこまではいかなくても、50万円を借りるのに20万円も30万円も利息を支払うことはできるだけ避けたいところです。長期で借りる場合には、金融機関を十分に比較して、金利が低いところで借りましょう。逆に短期で返済してしまうならば、利息はそれほど負担にはならず、手数料が無料であることのほうが重要になるケースもあります。長期で借りるか、短期で借りるかといった利用方法に応じて、適切なカードローンを選びましょう。

審査に通らなければ意味がない?

いくら条件の良いカードローンを見つけても、審査に通らなければ意味がありません。一般に、金利が低いカードローンほど審査は厳しい傾向があります。審査に通らない場合には、金利が高い消費者金融なども選択肢に入れましょう。消費者金融でも、「無利息期間」がついていたり、手数料が無料だったりと、使い方によっては銀行カードローンよりもお得になることもあります。しかし、金利が高いところで借りる場合には利息が高額になるので、できるだけ早めの完済を心がけましょう。

カードローンの比較はネットで短時間ですることが出来ます。カードローン会社の情報を詳しく紹介してくれているサイトがたくさんあります。