債務整理の中で借金を完全に帳消しにできるのが自己破産

債務整理の中で借金を完全に帳消しにできるのが自己破産

債務整理にはいくつかの方法があります

借金がかさんで、今後利息の支払いもままならず、自分の社会生活自体が存続できない事態に陥った場合、債務を整理して、借金のない状態に戻って一から出直すしかありません。債務を整理する方法は4つあります。任意整理、特定調停、民事再生、自己破産です。このなかで、残りの借金をまったく返済することなく完全に帳消しにできるのが自己破産です。ひと昔前なら、自己破産というとすべてを取り上げられて何もない状態になってしまうというイメージですが、現在ではそういうことはなく、借金は消えた上に今までどおりの生活をすることができるようになっているのです。

支払い不能の状態と認められれば自己破産できる

自己破産とは、債務者自らが申し立てる破産のことです。自己破産は、裁判所に申し立てて、それが認められればできるわけですが、その申立をするには破産原因が存在しなければなりません。そして破産原因によって、申立人が支払い不能の状態にあると認められなければならないのです。つまり、継続して借金を返済していくことができない状態だということです。今月たまたま急な出費で返済ができなかったなどということでは、支払い不能の状態とは言えないのです。

具体的にどんな状態なら支払い不能となるのか

支払不能かどうかは、債務者の財産、給料、信用、年齢などさなざまな条件を総合的に判断して認定されます。そこに一定の基準があるわけではなく、個別的に判断して決められるのです。一般的には債務者の支払い能力を考えて、3年間で分割返済できないような債務が目安となっています。具体的には、手取り収入から家賃などの住居費、生活費など差し引いた3分の1で分割返済できない場合です。もしこれで返済できるようなら、支払不能とは認められず、任意整理や特定調停をすすめられます。

自己破産をすると所持している資産を手放す代わりに、全ての債務を無くせるので返済が難しくなった場合には検討してみる価値はあります。