新人のうちは食べていくだけでも大変!?弁護士になるのも甘くない

新人のうちは食べていくだけでも大変!?弁護士になるのも甘くない

新人弁護士は客を集めるのが大変

弁護士は難関といわれる司法試験に合格しなければなれない職種で、高収入の人が多く、あこがれの対象になる仕事といっていいでしょう。テレビに出て有名人になる人や、政治家になる人も珍しくありません。ただ、弁護士になれば、すぐ高収入を得られるのかというと、実はそんなに簡単ではないのです。というのは、弁護士は基本的にサービス業なので、客が集まらないと仕事ができず、新人弁護士がいきなり独立しても集客に苦労することになるからです。

始めは法律事務所に雇ってもらうことが多い

では、弁護士になった人は、一人で食べていけるようになるまでどうやって食いつないでいくのでしょうか。もっとも多いのが、つてを頼って法律事務所に雇ってもらうという方法です。このような弁護士はイソ弁と呼ばれます。居候している弁護士という意味です。雇ってもらえれば、自営業者ではなくサラリーマンとして働くことができるので、わざわざ自分で客を集めなくても上司の弁護士から仕事を与えられて、給料をもらうことができます。

イソ弁と似ているけど立場はだいぶ違うノキ弁

イソ弁とは似ているけど違う立場の弁護士として、ノキ弁がいます。ノキ弁とは、軒を借りている弁護士という意味で、法律事務所に雇ってもらうことはできなかったものの、事務所内で独立して仕事をすることは認められたという立場です。イソ弁と比べると給料が出ないので生活は大変ですが、事務所を一から借りる必要はありませんし、法律事務所の威光を利用して客を集めることができるので、完全に独立するよりは楽にやっていくことができます。

評判の良い鹿児島の弁護士の共通点として、幅広い分野の法律上の知識に詳しいことや、報酬額がリーズナブルであることが特徴です。