離婚トラブルを弁護士に解決してもらうメリット3選?!

離婚トラブルを弁護士に解決してもらうメリット3選?!

離婚調停を有利に運べる?!

弁護士に依頼すると、離婚調停で調停委員に自分のしたい主張を変わりにしてもらうことが出来ます。自分で伝えることになると、感情が荒ぶったりして、うまく伝えられなくなってしまうことも考えられるでしょう。また、知識を交えて離婚調停に必要な事に重点を置いて伝えてもらえます。自分でいった場合、調停を有利に進められるような内容を伝えられない可能性があります。自分だけで調停に望むと相手の主張に対して納得させられてしまうことがありますが、弁護士に依頼すれば、相手の主張を受け入れた上で、自分の意見を通すようにしてもらえるでしょう。

取り返しのつかない失敗が防げる?!

自分1人で離婚調停を行ってしまうと、調停委員からの説得などにより、離婚裁判になった時の不利な条件を受け入れてしまう場合があります。しかし、弁護士に依頼することで、離婚裁判になった時のことまでを見通した条件で話を進めてもらうことができます。また、離婚調停での条項などの意味が分からないまま同意してしまい、後に困る結果になる場合がありますが、弁護士が同席することで、離婚調停の条項の意味を教えてもらうことが可能でしょう。

時間と精神的な浪費を防げる?!

離婚調停の申立を行う場合、それに伴う書類などを準備しなければいけません。しかし、弁護士に依頼することで、申立までの準備を全てしてもらえるため、スムーズに離婚調停が始められます。また、離婚調停での相手への希望が明確にされていないまま行われると、1回の離婚調停での内容が薄くなり、回数が増え期間が長くなってしまいます。その分育児や仕事や家事などから時間を割かなければ行けなくなり、精神的にも、ダメージを受けやすくなってしまうでしょう。しかし、弁護士が明確な条件を指定することで、1回の調停での内容が充実し、かかる期間を短縮することが可能です。

mikataとは、弁護士費用に備えるための保険のことです。日々の生活にもしもの事態が起こった場合に頼りになります。海外ではこのような保険が既に普及しています。トラブル時にまさに味方になる保険です。