これで合格?効率的な資格の勉強法について

これで合格?効率的な資格の勉強法について

勉強時間を1日の計画に入れる

資格取得にとって大きな障害となるのがモチベーションの維持です。今日はいまいち勉強する気がないから休んじゃおう、なんて経験がある人も多いはずです。勉強のモチベーションを維持する為には、勉強時間を1日の計画に入れて習慣化する必要があります。思いついた時に勉強していては、やる気が出ないから勉強しないという日が増えますからね。どうしても外せない用事ができて勉強できない場合は、休日に予定より多く勉強するなどして調整すれば上手く行きますよ。

過去問を中心に勉強する

学校での勉強の場合、基礎や理論をしっかり理解してから応用問題など次のステップに進むことが多いですよね。ただ、資格取得の勉強の場合、この方法では効率が悪いです。資格試験の問題はある程度パターンが決まっているので、過去問を中心に勉強した方が効率が良いんです。問題を解いていくうちに理論も理解できますし、問題のパターンも覚えられます。過去問は最低3年分、そして昔から過去問を出している信頼性のある会社の問題集を使いましょう。

睡眠時間は必ず確保する

睡眠時間を削ってまで勉強する人もいますが、睡眠時間はしっかり確保しましょう。徹夜経験のある人なら分かると思いますが、睡眠時間が短いとボーッとして頭が上手く回りません。また、人間の脳は睡眠中に情報を整理して記憶として定着させています。そのため、たくさん勉強しても睡眠時間が短ければ記憶として定着しづらくなるんですよ。理想の睡眠時間は7時間です。7時間の睡眠を取ると記憶力や集中力が増すという研究結果もあるんですよ。

中小企業診断士は中小企業の経営の問題を診断し助言等をするための国家資格ですが、この国家試験は難しい試験です。そこで、中小企業診断士の講座を受講し資格を取得し、仕事を通じ中小企業と共に成長しましょう。