Category Archives: 未分類

これで合格?効率的な資格の勉強法について

勉強時間を1日の計画に入れる

資格取得にとって大きな障害となるのがモチベーションの維持です。今日はいまいち勉強する気がないから休んじゃおう、なんて経験がある人も多いはずです。勉強のモチベーションを維持する為には、勉強時間を1日の計画に入れて習慣化する必要があります。思いついた時に勉強していては、やる気が出ないから勉強しないという日が増えますからね。どうしても外せない用事ができて勉強できない場合は、休日に予定より多く勉強するなどして調整すれば上手く行きますよ。

過去問を中心に勉強する

学校での勉強の場合、基礎や理論をしっかり理解してから応用問題など次のステップに進むことが多いですよね。ただ、資格取得の勉強の場合、この方法では効率が悪いです。資格試験の問題はある程度パターンが決まっているので、過去問を中心に勉強した方が効率が良いんです。問題を解いていくうちに理論も理解できますし、問題のパターンも覚えられます。過去問は最低3年分、そして昔から過去問を出している信頼性のある会社の問題集を使いましょう。

睡眠時間は必ず確保する

睡眠時間を削ってまで勉強する人もいますが、睡眠時間はしっかり確保しましょう。徹夜経験のある人なら分かると思いますが、睡眠時間が短いとボーッとして頭が上手く回りません。また、人間の脳は睡眠中に情報を整理して記憶として定着させています。そのため、たくさん勉強しても睡眠時間が短ければ記憶として定着しづらくなるんですよ。理想の睡眠時間は7時間です。7時間の睡眠を取ると記憶力や集中力が増すという研究結果もあるんですよ。

中小企業診断士は中小企業の経営の問題を診断し助言等をするための国家資格ですが、この国家試験は難しい試験です。そこで、中小企業診断士の講座を受講し資格を取得し、仕事を通じ中小企業と共に成長しましょう。


簿記の知識が必要なのは経理だけじゃない!?全社員が数値は読める環境

どこの部署でも数値に見る機会がある

企業に勤務する人は数値を扱うことが多いです。売上をみたり、経費をみたりと会社のことを知るためには数値を見ることが不可欠です。見る数値についてもそれが何を表しているのかを把握できなければ意味がありません。そのため企業が新入社員の研修や教育において初級の簿記の勉強をおこなうところも多いです。簿記というと経理部に配属になった人がやるものというイメージがありますが、会社の数値の処理は経理部が担当しますが、出てきた数値の意味することを経理部以外の社員も理解できるようにするべきという風潮にあります。

最近では簿記2級が判断基準

そのため企業で働く人は、簿記4級か3級の知識を最低限持っておく必要があります。経理部に配属になった人は、毎日経理処理をおこない仕訳をきることで簿記の間隔は自然と身についていくものです。また実際に日常経理の処理をしているので簿記のテキスト等に掲載されている説明事項を具体的にイメージしやすく他の部署の人よりは理解が早いと言えます。そのため自然と4級や3級のレベルの知識をつけることができます。最近では経理部の人の多くは2級を持っていることが多いです。

資格がないベテランは簿記の資格は取得した方がいい

昨今のハローワークの求人票においても、経理部の求人を出す企業の応募条件として、簿記2級以上の資格がある人という企業も多くなっています。実務面を考えれば資格よりも実務の経験量なのでしょうか、それを測ることが難しく、そのため一般的な資格を判断基準に使用しているのです。そのため実務経験がある人で資格を持っていない人は、資格を取得しておき世間一般的にアピールでる状態にしておく方が、万が一転職をするという状況になった場合には有利になることが多いです。

簿記は、自力で勉強して受かる方が多い資格です。でも、自分だけで勉強する自信がない方は、簿記の講座を受けるのがオススメです。


弁護士にも得意分野がある。専門の弁護士を頼むべき

専門分野の弁護士に依頼する

弁護士は、難関の司法試験にパスしていて、あらゆる分野を扱えることは事実ですが、やはり医者と同じで専門分野というのがあり、それ以外のことは、扱える資格はあってもほとんど忘れていたりします。再び勉強し直せは、もともと地頭がいいわけですから、そこそこの対応ができますが、相手方の弁護士にはかないません。弁護士は常に複数の案件を抱えていますので、勉強し直すと言っても時間的な余裕がないでしょう。始めから専門分野の弁護士に依頼すべきです。

法律も大事だが、判例がメイン

裁判や調停の場では、法律をもとに判断されますが、法律と言っても解釈や運用はさまざまで、それがわかるのが判例です。判例は数も膨大で、そうしたことが頭に入っている弁護士は強いです。その分野を専門として、日々扱い続けている弁護士にしか、それは望めません。相手方にも弁護士はつきます。地方の場合は、弁護士の数が少ないので、選択肢がないこともあるでしょうが、そのときは、交通費を払っても都市部の弁護士に依頼したほうがいいかもしれません。

丸投げはだめ。自分でも取り組む

例え専門分野の弁護士を依頼したとしても、頼り切りはまずいでしょう。弁護士は他にいくつも案件を抱えています。自分のことにかかりきりになれるわけではありません。それに、こまごまとした事情を一番よくわかっているのは自分です。弁護士とよく連絡を取り合い、自分がメインとなって動く姿勢が大事です。そうした姿勢でいてこそ、弁護士の力も生かせるというものです。弁護士には要所要所を抑えてもらい、それを道しるべにして活動することが望まれます。

ミカタは、日本で最初に登場した弁護士費用保険です。この保険に加入することで、弁護士を利用する際に発生する相談料や着手金などの負担を大きく抑えることが可能です。


離婚トラブルを弁護士に解決してもらうメリット3選?!

離婚調停を有利に運べる?!

弁護士に依頼すると、離婚調停で調停委員に自分のしたい主張を変わりにしてもらうことが出来ます。自分で伝えることになると、感情が荒ぶったりして、うまく伝えられなくなってしまうことも考えられるでしょう。また、知識を交えて離婚調停に必要な事に重点を置いて伝えてもらえます。自分でいった場合、調停を有利に進められるような内容を伝えられない可能性があります。自分だけで調停に望むと相手の主張に対して納得させられてしまうことがありますが、弁護士に依頼すれば、相手の主張を受け入れた上で、自分の意見を通すようにしてもらえるでしょう。

取り返しのつかない失敗が防げる?!

自分1人で離婚調停を行ってしまうと、調停委員からの説得などにより、離婚裁判になった時の不利な条件を受け入れてしまう場合があります。しかし、弁護士に依頼することで、離婚裁判になった時のことまでを見通した条件で話を進めてもらうことができます。また、離婚調停での条項などの意味が分からないまま同意してしまい、後に困る結果になる場合がありますが、弁護士が同席することで、離婚調停の条項の意味を教えてもらうことが可能でしょう。

時間と精神的な浪費を防げる?!

離婚調停の申立を行う場合、それに伴う書類などを準備しなければいけません。しかし、弁護士に依頼することで、申立までの準備を全てしてもらえるため、スムーズに離婚調停が始められます。また、離婚調停での相手への希望が明確にされていないまま行われると、1回の離婚調停での内容が薄くなり、回数が増え期間が長くなってしまいます。その分育児や仕事や家事などから時間を割かなければ行けなくなり、精神的にも、ダメージを受けやすくなってしまうでしょう。しかし、弁護士が明確な条件を指定することで、1回の調停での内容が充実し、かかる期間を短縮することが可能です。

mikataとは、弁護士費用に備えるための保険のことです。日々の生活にもしもの事態が起こった場合に頼りになります。海外ではこのような保険が既に普及しています。トラブル時にまさに味方になる保険です。


ついに弁護士へ相談!弁護士は誰でも良いの?

弁護士の強みを把握する

弁護士は、それぞれに何らかの強みがあります。例えば交通事故に関する事案を多く扱っているのであれば、法廷でも様々な観点で弁護できます。当然交通事故に疎い弁護士でも扱うことは可能ですが経験の差によって引き出しの数は違ってきます。その他離婚問題に詳しい、相続問題に詳しいなど、自分の抱えている問題に強そうな弁護士を選ぶことが大切です。弁護士のプロフィールには得意分野が書かれていることが多いので、それを参考にします。

無料相談があるなら活用

弁護士へ相談したい場合は、無料相談があればまず利用してみたいです。無料相談では会話内容に限界があるものの、決して無駄な行動ではありません。自分の抱えている悩みを解決する方向性は定まる可能性が高いです。方向性が定まり、具体的に解決へ向けて動き出すことになったら料金が発生します。無料相談でなくとも、一度弁護士に悩みを話すことで解決の糸口が掴めるかもしれないので、まずは相談してみるという姿勢が大切です。

有名弁護士を頼りにしてみる

絶対に許せない、絶対に勝訴を望むなど強い感情がある場合は有名弁護士を頼りにしてみると良いです。テレビに出演しているような弁護士はもちろん、交通事故関連ならこの人というような圧倒的にその分野を得意としている弁護士は必ず存在します。どんなに不利な状況であっても逆転勝訴となるような、所謂敏腕弁護士に依頼すると出費こそ多くなりますが望ましい結果に繋がるかもしれません。裁判に勝つ、負けるでは大きく違いますので後悔の無い選択をします。

法的な解決を必要とするトラブルに巻き込まれた時、弁護士費用など思わぬ出費に見舞われることもあります。そんな時に備えて弁護士保険に加入しておけば、いざという時にも補償が受けられます。


新人のうちは食べていくだけでも大変!?弁護士になるのも甘くない

新人弁護士は客を集めるのが大変

弁護士は難関といわれる司法試験に合格しなければなれない職種で、高収入の人が多く、あこがれの対象になる仕事といっていいでしょう。テレビに出て有名人になる人や、政治家になる人も珍しくありません。ただ、弁護士になれば、すぐ高収入を得られるのかというと、実はそんなに簡単ではないのです。というのは、弁護士は基本的にサービス業なので、客が集まらないと仕事ができず、新人弁護士がいきなり独立しても集客に苦労することになるからです。

始めは法律事務所に雇ってもらうことが多い

では、弁護士になった人は、一人で食べていけるようになるまでどうやって食いつないでいくのでしょうか。もっとも多いのが、つてを頼って法律事務所に雇ってもらうという方法です。このような弁護士はイソ弁と呼ばれます。居候している弁護士という意味です。雇ってもらえれば、自営業者ではなくサラリーマンとして働くことができるので、わざわざ自分で客を集めなくても上司の弁護士から仕事を与えられて、給料をもらうことができます。

イソ弁と似ているけど立場はだいぶ違うノキ弁

イソ弁とは似ているけど違う立場の弁護士として、ノキ弁がいます。ノキ弁とは、軒を借りている弁護士という意味で、法律事務所に雇ってもらうことはできなかったものの、事務所内で独立して仕事をすることは認められたという立場です。イソ弁と比べると給料が出ないので生活は大変ですが、事務所を一から借りる必要はありませんし、法律事務所の威光を利用して客を集めることができるので、完全に独立するよりは楽にやっていくことができます。

評判の良い鹿児島の弁護士の共通点として、幅広い分野の法律上の知識に詳しいことや、報酬額がリーズナブルであることが特徴です。